東京喰種考察データベース管理人のジューゾイです。

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

東京喰種ヒデ癖
出典:tokyo-ghoul-urajyouhou.com

スポンサーリンク

カネキを始め、癖を持つキャラクター達

東京喰種ヒデ癖
出典:aniotakaigi.com

 

東京喰種のキャラには、主人公のカネキを始めとし、特徴的な癖を持つキャラをたまに見かけます。

カネキの癖に関してはヒデが行っていた通り、「嘘を付くと顎を触る」というもの。

二話での病院食が美味しいと言っていた時も、67話でのトーカのコーヒーの入れ方が間違っていたのを、自分のミスみたいに発言した時も顎を触っていますね。

 

この癖は、母親から受け継がれているエピソードも登場しています。

カネキである琲世も同じ癖を持っていますね。

 

次に真戸呉緒の癖ですが、相手を侮っている時や挑発している時に片目を半目にするというもの。

この癖は娘のアキラに受け継がれており、呉緒とは半目にする方が違っています。

 

最も多い癖と言うのが、指をパキっとならすというもので、これはヤモリが持っている癖でした。

しかし、白カネキはヤモリの影響を受けてやっていますし、カネキである琲世もハイセとなった時に指を鳴らしています。

ヤモリの部下であるナキも同じ癖を持っており、ヤモリを尊敬しているのが伝わってきますね。

スポンサーリンク

琲世もとあるセリフで顎を触っていたが・・・

東京喰種ヒデ癖
出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

琲世がいった、「これでも幸せなんです」と言う言葉ですが、この時に顎を触っています。

という事は、心の中では幸せだと思っていないと言うことになりますね。

しかし、これはカネキの癖でもあるので、カネキ自身は幸せじゃないという意味になりませんか?

カネキが幸せじゃないというのは、かなり納得できると思います。

スポンサーリンク

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

ced4878db3b6b487e8b8deb25e7175fd-2

有馬貴将の過去はこちら

 

TOPページに戻る