東京喰種考察データベース管理人のジューゾイです。

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

エトが高槻泉をやっていた訳

東京喰種エト正体高槻泉
出典:tokyo-ghoul-urajyouhou.com

 

アオギリの樹の幹部で、SSSレート喰種「隻眼の梟」であるエト

CCGが最も恐れている喰種であるとも言え、有馬貴将が追っている敵でもあります。

そんなエトですが、東京喰種の終盤で正体が判明しました。

なんと、小説家の高槻泉だったのです!!

 

まさかのエトの正体に、発表された当時は誰もが驚いたものでした。

高槻泉といえば、第一話から名前だけではあるが登場しており、かなり馴染みの深い名前でしたしね。

カネキとヒナミが高槻泉のサイン会に行ったの時には、とても親しみやすいキャラで、感じのいいお姉さんでした。

それがまさか、SSSレート喰種の「隻眼の梟」だったとはね。

 

ここで疑問が出てくるのですが、どうしてエトは高槻泉として活動していたのか?と言う事です。

小説家になったのは自分に最も合っていたからで、とにかく名前が広まれば良かったんじゃないかと思います。

名前が広まれば交友関係も広まりますし、いろいろな情報を知る事が出来ます。

その知名度があったからこそ、CCGに取材に行くという事も出来たワケですしね。

つまり人間側の情報を得て、アオギリの活動に役立てる為だったんじゃないかと推測して見ます。

スポンサーリンク

高槻泉としての今後の活動は?

東京喰種エト正体高槻泉
出典:prcm.jp

 

この先も高槻泉としての活動を続けるとは思いますが、最近は積極的にCCGと絡んでるので、小説はなかなか出せないと思います。

しかし、CCGに情報提供と言う形で取材に行くことはすると思うので、まだまだ高槻泉の活躍がありそうですね。

琲世との接触もあるのか楽しみです。

 

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

ced4878db3b6b487e8b8deb25e7175fd-2

有馬貴将の過去はこちら

スポンサーリンク

TOPページに戻る